遊ぶように、泊まる宿

philosophy.

I want to go far away. I want to travel. But even if I wish to do so, I may end up with a short and limited experience, like "two days and one night."and soon return to daily life.

見知らぬ土地に降り立つと、舞い込んでくる香りに歴史を感じ、ほんとうは、日常の“暮らし”に生きるような “旅” がしたい。
その土地に訪れて、歴史に思いを馳せて、食に満たされて、新しい生活と出会っていく。

I really want to "travel" as I live my "daily life".

Visit the land, contemplate its history, and filled with food,
and encounter a new life.

そうして刻まれた体験は忘れられないおみやげとして、明日からの “暮らし” を彩るきっかけになるはず。

The experience thus inscribed will become an unforgettable souvenir
and it will color your "life" from tomorrow onward.

遊ぶように暮らす宿、RITA八女福島へようこそ。

Welcome to RITA Yame Fukushima, a place to stay as if you were living.

「RITA」の語源は
HERITAGE=遺産。

八女福島にあるのは、400年前から続く歴史的な街並みをはじめとした、提灯屋や仏壇屋、茶文化、祈りの時間。
そんな懐かしい風景が日常の暮らしに溶け込み、痕跡として街並みに染み付いています。

Stay.泊まる

この地域は、矢部川流域の肥沃な平野や、なだらかな丘陵と精力的な治水利水に支えられ、豊かな農産物に恵まれてきました。江戸時代後半から明治にかけては手漉き和紙、石灯籠、仏壇、提灯などの多様な地域特産品が開発され、今もなお伝統的工芸産業として受け継がれています。
現在の福島地区に残る町家群は、産業と生産と器(建物)との関わりを表した最後の証人とも言えます。

-TOMOE-

八女茶やこんにゃく芋等の山産物を扱う商屋だった旧大坪家。築100年を超え、一度は崩壊の危機にありましたが、八女福島の町並みを守る地元企業や有志、伝統建築を扱う匠により、再生されました。
設計のエキスパートであり、当時筑後国の国づくりを行い、八女福島の発展にも多いに貢献した田中吉政の家紋から名付けました。通りに面したお部屋からは、八女福島のまちに広がる暮らしの光景を目にすることができます。

  • 広さ

    67.916㎡

  • 部屋数

    4部屋(和洋室)

  • 定員

    6名

  • 風呂・
    トイレ

    ヒノキ風呂完備/トイレ別

  • 設備

    空調/洗浄付きトイレ/冷蔵庫/電気ケトル/ドライヤー/スリッパ/ルームウェア/グラス・湯飲み/八女茶/冷茶/歯ブラシ・歯磨き粉/ヘアブラシ/剃刀

チェックイン / 15:00

チェックアウト / 10:00

九城-KUKI-

築100年を超える旧大坪家。一度は崩壊の危機にあった離れ棟を、匠の技術で再生しました。部屋名は、田中吉政が使用していた家紋のひとつ「釘抜き紋」から名付けました。九城(くき)を抜く:9つの城を落とすという、非常に縁起の良い家紋です。
古い材と新しい材が継がれた箇所を見ることができ、日本の伝統工法である継手を知ることができるお部屋です。土と木の香りに身を染め、心身が安らぐ感覚をご体感ください。

  • 広さ

    38.21㎡

  • 部屋数

    2部屋(和洋室)

  • 定員

    4名

  • 風呂・トイレ

    ヒノキ桶風呂完備/トイレ別

  • 設備

    空調/洗浄付きトイレ/冷蔵庫/電気ケトル/ドライヤー/スリッパ/ルームウェア/グラス・湯飲み/八女茶/冷茶/歯ブラシ・歯磨き粉/ヘアブラシ/剃刀

チェックイン / 15:00

チェックアウト / 10:00

Dining.夕食

葉山
鴨鍋と鴨焼きを主とした食事処

鴨料理を主とする、八女の食材を取り扱ったお料理をお愉しみいただけます。地酒やこだわり焼酎・ワインも取り揃えておりますので、どうぞゆっくりとおくつろぎください。常連のお客様に愛され続ける懐かしくも丁寧な女将との会話も名物ですので、どうぞ楽しみにお越しくださいませ。

時間 夕 / 18:00 - 21:00 L.O.(22:00 Close)

創業から約30年。常連のお客様に永く愛されてきた鴨料理の葉山。
ここまで来るのに2回の閉店を経験しています。でもその度に、事業を引き継ぐ担い手がやってきては、葉山を承継してきました。
なぜ、葉山がその名のまま、そして女将も創業当時のまま承継されてきたのか。そこには、ご縁を大事に、お客様を家族や親戚のようにお出迎えする、丁寧であたたかいおもてなしがあるからです。
心の故郷になるような場所が葉山です。ぜひ、皆さまにもこころあたたまるご体験をしていただきたい。
懐かしくて新しいお食事どころ、葉山へ、ぜひ一度いらしてくださいませ。

看板料理

鴨の石焼

お一人様 2,200円

鴨 鍋

お一人様 2,200円

その他季節のお野菜を使った一品料理、ジビエの品など多数ご準備しております。

地 酒

創業300年の歴史を刻む蔵元繁桝から、多種ご用意しております。

繁枡 純米大吟醸50

繁枡 可也 純米大吟醸

などなど。
その他、ワインや焼酎、ウィスキーなども地元酒屋に選定していただいた選りすぐりのお酒を多数ご準備しております。

Breakfast.朝食

⼋の膳
「⼋⼥」にちなみ⼋品⽬で
質の良い暮らしを整える朝⾷

⼆⼗四節気をさらに5⽇ごとに分けて考えられる七⼗⼆候に従い、朝⾷の時をお過ごしいただきます。⾃らのバランスが整う感覚、⽇々の⽣活に少しの視点が加わるような新しい発⾒、⼼地よい感覚を持ち帰る滞在。⾃然の⼒に導かれ、⾷事を通して平穏な時と⼼が満ちていく感覚をご体験いただきます。

時間 朝 / 8:00 - 9:00 *宿泊料別

コンセプトは月に2回、メニューは5日ごとに移り変わります。

例:大暑<コンセプト(24節気より)>

最も暑い真夏の時期で、全国的に夏まつりなどで賑わう時期。体内の熱を冷ますことを中心にまた、冷房で冷えた体を温めるという相反することを考えています。汗をかいて乾いた体を潤しクールダウンする食材を主に使用しています。

メニュー(72候より)

  • 生姜ごはん

    体を暖めて発汗を促し、冷房で体の中に入った寒気を出します。

  • お味噌汁

    お食事を始める前に二口飲んで胃の準備運動をしてください。

  • ゴーヤチャンプル

    体の余計な熱を冷ますゴーヤは心の働きを助けます。
    血が濃くなりやすい夏は心の負担が激しいのでゴーヤのような苦いものを食べましょう。

  • 厚揚げの味噌焼

    豆腐からできている厚揚げは体の熱を冷まし、
    汗をかいて乾いた体を潤します。お味噌で消化力アップです。

  • 胡瓜の梅肉和え

    胡瓜は体にこもった熱を尿として外に出してくれます。
    梅は逆に汗を出にくくして、疲労感が強くならないようにしてくれます。

  • 蒟蒻の明太ソテー

    食物繊維豊富な蒟蒻は体の老廃物を出すのに役立ちます。
    明太子は腸が冷えすぎないようにしてくれます。

  • 水雲酢

    体の中の水分バランスを整える水雲と疲労回復に効果がある酢で夏バテ予防です。

  • 糠漬け

    野菜由来の乳酸菌が腸内環境を整えて、免疫力アップに役立ちます。
    簡単腸活料理です。

FAQ.

  • Q.

    お風呂はありますか。

    バス、トイレを全ての客室に完備しております。

  • Q.

    現地精算で、クレジットカードでの支払いは可能ですか。

    当館では、クレジットカードでのお支払い可能でございます。支払い可能クレジットカード:VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS

RITA八女福島

〒834-0031
福岡県八女市本町13-1

Tel.

0943-24-2233

Access.

  • 公共交通機関でお越しの方

    [電車の場合]
    ・JR博多駅(新幹線/約25分)ー JR筑後船小屋駅(JR鹿児島本線/約5分)ー JR羽犬塚駅よりタクシーで15分
    ・JR博多駅(JR鹿児島本線/約50分)ー JR羽犬塚駅よりタクシーで15分

    [バスの場合]
    ・西鉄久留米駅もしくはJR久留米駅よりバスをご利用ください。
     └ 西鉄久留米駅 西鉄バス(約35分)ー 福島バス停(徒歩3分)
     └ JR久留米駅 西鉄バス(約50分)ー 福島バス停(徒歩3分)

  • お車でお越しの方

    ・九州自動車道「八女I.C」から約4Km(約10分)
    ※福岡空港より約50分、博多駅より約1時間

Instagram.

@rita.yamefukushima